Masashi IWASAKI









art work
"TRANSPARENCY"
DEC 7 - DEC 12, 1993
Voice Gallery, Kyoto

作品
“トランスペアレンシー”
1993年12月7日−12月12日
ヴォイス・ギャラリー,京都








"TIME MACHINE!" (BOOK BY KYUNG JIN KIM "EXPO DESIGN ODYSSEY", 2012)

xpo '70 in Osaka was a special event for me. That exposition is still strongly printed on my mind like a first childhood landscape. I hope this book will help to remember the future like a time machine!

(Masashi IWASAKI)


“タイムマシン!”(“世界博覧会紀行”キュンジン・キム著,2012)

にとって、1970年に大阪で開かれたエキスポ'70は、特別なイヴェントでした。この万博は、幼少時の原風景として、今も強く、心に印画されています。この本が「未来のことを思い出す」ための、タイムマシンとなりますように。

(岩崎正嗣)








"IN THE HAZED MEMORY" (EXHIBITION CATALOG "DONAI YANEN!", 1998)

he world of Iwasaki is beautiful as is the innocence of a child. The images found in an album of memories provoke some flash-backs, that give some feelings to the works realized today. Embraced by his mother, Japanese beautiful young woman with radiant eyes, or sitting down in his first pedal car, Iwasaki exposes a world consisting of tenderness and complicity to the light of day. In fact, the titles "Confession" or "Transparency" evoke the protected universe of childhood. Like millions of children, he has been cradled by the brilliant ideal that the Japanese society had proposed in the early 70s. The belief in the future and happiness had been the subliminal messages diffused by TV spots. In this period of fortune, for everyone, the proposition that a utopia comes true seemed to be beyond all shadow of doubt. In the work "Composition by Red, Blue, Yellow", the little boy gazes at an airplane taking off, the symbol of progress exactly. Like a child taken to see a Disney Movie for the first time, Iwasaki cannot help expressing his jubilation. His mammy also took him another day to see the World Exposition in Osaka, the festival of the modernity where the future was supreme. They visited all the pavilions and stared in surprise all the technological inventions that were to invade soon the Japanese people's homes. Besides, the mother has conserved such a relic of the idyllic epoch a catalog of the exposition, of which every page was filled with colored marks that she had stamped carefully. They were, as it were, commemorative stamps available to all the visitors as you'd get at temples or tourist places in order to personalize your visit - "We had been here!" Today, Iwasaki creates his works by computer. The child became adult. In his triptych, his face is about to immerse in clouds of blue and he is wrapping it up by his arms before he falls down into the black hole. This auto-portrait evokes the unconscious collision between the past and the present in the hazed memory. The times have changed. Iwasaki is now heading for himself and Japan could not distill any more its promises of paradise.

(Eric MEZIL, Independent Curator)


“混乱した記憶のなか”(“どないやねん!”展覧会カタログ,1998)

崎の世界には、子供のもつ澄み切った無邪気さのような美しさがある。思い出のアルバムのうちに見られる数々のイメージがフラッシュ・バックのように蘇り、今日生み出された作品に意味を与えてくれるだろう。幸せそうな目をした若く美しい母の腕に抱かれたり、ペダル付きの最初の車に座っていたりする岩崎は、優しくて暗黙のうちに共有される世界を見せてくれる。「告白」や「トランスペアレンシー」といったタイトルは、幼年期の保護された世界を思い起こさせる。多くの子供たちと同じく、彼も1970年代の初めに日本社会が提示した輝かしい理想に抱かれて育った。「未来への期待」や「みんなの幸福」とは、テレビ・コマーシャルのサブリミナルなメッセージだった。そしてこのよき時代、ユートピアが現実となるという提案には、ただ1点の曇りもなかった。作品「赤青黄の構成」では、幼い男の子が、こうした進歩を象徴するきれいな飛行機が離陸するのを見ている。はじめてディズニー映画を見に連れて行かれる子供と同じように、岩崎ははしゃいだ気分を隠しきれない。母はまた彼を連れて、「大阪万博エキスポ'70」という、未来に絶対的な価値を置いていたあのモダンな祭典を見に出かけた。2人はすべてのパビリオンを巡り、やがて日本の家庭に浸透することになるテクノロジーのありとあらゆる発明に目を見張った。母親はなによりこの純な時代の想い出の品、万博カタログを大切にとっておいた。そしてその各ページには母によって、「私たちはここに行ってきました。」という証のために寺社や観光地で押すような、色とりどりの万博来場記念スタンプがていねいに押されていた。現在、岩崎は作品をコンピュータで制作している。子供は大人になった。3面続きの作品では、1面に青い霧にぼんやり浮かんだ彼の顔があり、もう1面に、黒い深みに落ちないうちに顔を抱き抱えようとする腕がある。この作品は、混乱した記憶のなかの過去と現在の無意識な衝突を思わせる。時代は変わった。岩崎はひとり立ちし、日本はもう楽園の希望をもたらすことはできないだろう。

(インディペンデント・キュレーター,エリック・メジル)


photograph: Kazushi MUKAIYAMA
写真:迎山和司









"CONFESSION" (1993)
every piece 300 x 200 cm (non-existent any more)
inkjet print on canvas

“告白”(1993)
すべて 300 x 200 cm(現存せず)
キャンバスにインクジェットプリント









"TRANSPARENCY A, B, C" (1993)
from top 170 x 170 cm, 145 x 170 cm, 160 x 160 cm
inkjet print on aluminum plate

“トランスペアレンシーA・B・C”(1993)
上から 170 x 170 cm, 145 x 170 cm, 160 x 160 cm
アルミニウム板にインクジェットプリント







"FLOATING VISION" (1993)
dimension variable
computer graphics

“浮遊感”(1993)
サイズ可変
コンピュータ・グラフィックス







"COMPOSITION BY RED, BLUE, YELLOW" (1993)
dimension variable
computer graphics

“赤青黄の構成”(1993)
サイズ可変
コンピュータ・グラフィックス







"TWO YOUNGER BROTHERS" (1993)
every piece dimension variable
computer graphics

“弟たち”(1993)
すべてサイズ可変
コンピュータ・グラフィックス







"SUNFLOWER" (1993)
every piece dimension variable
computer graphics

“さんふらわあ”(1993)
すべてサイズ可変
コンピュータ・グラフィックス







"RGB" (1993)
dimension variable
computer graphics

“RGB”(1993)
サイズ可変
コンピュータ・グラフィックス







"SHINKANSEN" (1993)
dimension variable
computer graphics

“新幹線”(1993)
サイズ可変
コンピュータ・グラフィックス









"SAMPLING SUNRISE" (1993)
every piece dimension variable
computer graphics

“朝焼けサンプリング”(1993)
すべてサイズ可変
コンピュータ・グラフィックス









"PLANE WINDOW" (1993)
every piece dimension variable
computer graphics

“飛行機の窓”(1993)
すべてサイズ可変
コンピュータ・グラフィックス