Masashi IWASAKI













collaboration with Keita HAYASHI, Hiroshi ITO, Takashi KIMURA, Hiroshi TANIGUCHI, Naoya TERAYAMA and Yasuto YURA
"HOPPISM"
MAR 26 - MAR 28, 1994
Kyoto Municipal Shijo Gallery, Kyoto

林ケイタ・伊藤弘・木村隆志・谷口寛・寺山直哉・由良泰人との共作
“ホッピズム”
1994年3月26日−3月28日
京都市四条ギャラリー,京都








"WHAT IS HOPPISM?" (EXHIBITION FLYER "HOPPISM", 1994)

oppism" is a coined word for the title of the exhibition, deriving from "hop" and "pop art". Shown is a complex installation featuring diverse media around us, such as video, computer graphics, sounds, signboard-sized printings and lighting system, in order to invite you to reflect on the media art of today in comparison with that of 1970, the year of Osaka Expo '70: where has such a highly sophisticated information society come from and where is it going? In addition, will it be possible for artists to keep holding the initiative of art creation in their hands?

(Artists)


“ホッピズムとは何か?”(“ホッピズム”展覧会チラシ,1994)

躍・飛躍という意味の「ホップ」と日常的な情報を即物的に題材とする「ポップアート」とを組み合わせた本展のための造語。われわれの身辺にあふれるメディア−とくにビデオ、コンピュータ・グラフィックス、サウンド、大型プリント、ライト等を複合的に組み合わせ、いまメディアアートとは何かを考えるインスタレーションを展開します。メディアアート−をとくに1970年の大阪万博エキスポ'70の時点のメディアとの比較から考えます。今日の高密度複合情報社会はどこから来たのか。そしてどこへ行くのか。アートはアーティストの掌中にありつづけるのか−。

(アーティスト一同)





"HOPPISM" (1994)
700 x 700 x 300 cm (non-existent any more)
video installation

“ホッピズム”(1994)
700 x 700 x 300 cm(現存せず)
ヴィデオ・インスタレーション