Masashi IWASAKI









art work
"QUIET QUADRANGLE"
DEC 4 - DEC 25, 1999
Voice Gallery, Kyoto

作品
“クワイエット・クアドラングル”
1999年12月4日−12月25日
ヴォイス・ギャラリー,京都










"MINIMAL TENDENCY" (KANSAI PIA, DECEMBER 20, 1999)

asashi Iwasaki has been creating a series of self-portraits by making full use of computer graphics over the years. And this time, while his new works are created by the usual approach basically, there is a germination of a new direction to be noted: a minimal tendency with monochrome photographs and a form of quadrate. Such stoic stance distinguishes sharpness, a most notable feature of his creativity more than ever.

(Takafumi KOBUKI, Pia Art Writer)


“ミニマムな傾向”(ぴあ関西版,1999.12.20)

年は、セルフポートレイトをコンピュータ加工した作品を発表してきた岩崎正嗣。今回発表された新作も、基本的には同様な方法で制作されている。しかし、すべてモノクロの印画紙プリント、正方形、などミニマムな傾向が顕著に出ている点が新しい。ストイックなスタンスを取ることで、持ち味のシャープさに、一層磨きがかかっている。

(ぴあ・美術ライター,小吹隆文)


photograph: Hiroshi HASEGAWA
写真:長谷川博士











"QUIET QUADRANGLE" (1999)
every piece 50 x 50 cm (non-existent any more)
monochrome photograph

“クワイエット・クアドラングル”(1999)
すべて 50 x 50 cm(現存せず)
モノクローム写真







"AS THE BEGINNING OF" (1999)
dimension variable
computer graphics

“はじまりとしての”(1999)
サイズ可変
コンピュータ・グラフィックス










"WHITE & BLACK SQUARE" (1999)
every piece dimension variable
computer graphics

“白い四角と黒い四角”(1999)
すべてサイズ可変
コンピュータ・グラフィックス







"RDS TEST PIECE" (1999)
dimension variable
computer graphics

“RDSテストピース”(1999)
サイズ可変
コンピュータ・グラフィックス







"ARCHECUBE" (1999)
dimension variable
computer graphics

“アーキキューブ”(1999)
サイズ可変
コンピュータ・グラフィックス







"DEEP DISTRESS" (1999)
dimension variable
computer graphics

“深き悩み”(1999)
サイズ可変
コンピュータ・グラフィックス